鳳山雑記帳はてなブログ

ヤフーブログが終了しましたので、こちらで開設しました。宜しくお願いします。

老害たけしとテレビの自業自得

【芸能】ビートたけし「ギャラアップ要求」でリストラ候補に、レギュラー番組2本が終了へ



 昔はすごい芸人だったかもしれません。ただ今はすっかり空気の読めない老害芸人になったビートたけし。「ふがふが」と何言っているかも分からないし、NHK大河『いだてん』の大コケはかなりの部分たけしの責任だと私は見ています。たけしの部分が要りませんでした。世間の空気を読めない発言も多く、ワイドショーのコメンテーターとしてもきついのでは?

 この前書いた世間の空気が読めないと定評のある明石家さんまですら、昨今の不景気で制作費が厳しくなった番組に気を使い、自らギャラ減額を申し出るほど。なのに、このクソジジイ(失礼!)は、世間が新型コロナウイルスに端を発する未曽有の不景気で苦しんでいる中、ギャラアップを要求したそうですね。おいおい、大丈夫か?こんなバカにコメントさせてもワイドショーは逆に世間の反感を買うだけだぞ。

 根本からいうと、テレビ番組の制作費が厳しくなったのはスポンサーがつかなくなったから。スポンサーも不景気ですから無駄な出費は削るのが当然。その原因は過剰なほどの新型コロナ報道です。中には捏造までして政府や医療関係者を叩いているんですから自業自得です。大体今コロナ患者が激増しているのは、外国人入国の緩和をしたのが理由でしょう。グラフでもはっきり出ています。なのにGOTOトラベルをスケーブゴートにし政府批判の対象としているのですから怒りを覚えますね。

 観光業関係者は怒るべきですよ。ネットで誰かが言っていましたが、小泉竹中構造改革第二次産業(製造業)が壊滅的打撃を受けました。職を失った数多くの労働者は第三次産業(サービス業)に流れます。今回の新型コロナ騒動はその第三次産業を直撃したのです。テレビマスゴミの態度で許せないのは国民が生活のための最後の拠り所である第三次産業まで潰そうとしている卑劣さです。そこまで日本人が憎いのか?おそらく影のスポンサーであるシナの指令で動いているのでしょう。

 老害たけしの末路など知ったことではないが、日本人を苦しめるテレビマスゴミは潰すべきだと思います。これはわれわれ日本人が生きるか死ぬかの戦いです。それと関係ないですが、GOTOトラベルは日本のホテル旅館の宿泊券を年間契約で買っているシナ企業を設けさせるだけだそうです。二階がGOTOにこだわるのもこれが理由だと言われています。シナ企業はJTBなど日本の旅行代理店に売って儲けているとか。

 ですから観光業者を助けるためにも、そして多くの国民を助けるためにも再び現金給付をすべきだと思います。これなら多くの国民が潤いますし、一息つけると思います。実際、前回の定額給付金は一定の経済効果があったそうですし。菅総理自身、最初は国民一人当たり15万円配ると言っていましたよね。財務省の抵抗か知らんが、これすら決断できないなら総理など辞めてしまえと思います。あとは消費税一時凍結。お金持ちに給付金配る必要はないと言う人もいますが、こういった人は確定申告で取り戻せばよいだけ。緊急事態ですからスピードが大切ですよ。

 庶民の中には年の瀬を生き残れるかどうかと悩んでいる人も多いはず。菅総理、ちょっとでも良心があれば国民を守るための政策を行って欲しいと願います。