鳳山雑記帳はてなブログ

立花鳳山と申します。ヤフーブログが終了しましたので、こちらで開設しました。宜しくお願いします。

豊臣三中老のその後

 本日の話題は非常にマニアックですのでスルーお願いします。

 

 三中老というのは豊臣政権で五大老五奉行の意見が合わないときに仲裁役として設けられたもので、生駒親正堀尾吉晴中村一氏が任ぜられました。ちょうど戦国時代をテーマにしたシミュレーションゲームを遊んでいてこの三人が出てきたものですから、彼らの子孫がどうなったのか気になりました。

 生駒親正は讃岐丸亀十七万石、中村一氏伯耆国十七万五千石、堀尾吉晴は出雲二十三万五千石を関ケ原後領したはず。ただ江戸期を通じて彼ら以外の大名がこの地を領しています。讃岐丸亀は生駒氏の後山崎氏が入り最後は京極氏が六万石→五万一千石で幕末を迎えています。出雲は堀尾氏から京極氏に代わり最後は親藩松平氏で幕末に至りました。伯耆は中村氏の後因幡と共に池田氏が三十二万石で入り伯耆国米子城には家老の荒尾氏が入ります。

 調べてみると、三氏ともお家騒動とか無嗣断絶で終わっていますね。生駒氏は1640年親正の曾孫高俊の代に生駒騒動を起こして断絶、嫡男高清が八千石の旗本になり幕末まで続きました。

 中村氏は一氏が1600年8月に死去、1609年には嫡男一忠が急死し後継ぎがいなかったためあっさり断絶しています。運がない一族でしたね。

 堀尾氏も嫡男忠氏が早死にし、吉晴本人も1611年69歳で亡くなっています。孫の忠晴が跡を継ぎますが1633年35歳の若さで急死しこれも後継ぎがいなかったために断絶しました。徳川家に近い大名なら一族の誰かを旗本に取り立て家名だけは残すのでしょうが、豊臣恩顧の大名には冷たかったんでしょうね。福島正則とか加藤清正も同じ扱いですから。正則の子孫は二千石の旗本になったようですが…。

 こうしてみると織豊期に勃興した家で江戸時代を生き抜くことは難しかったんでしょうね。それを考えると平安時代から幕末まで続いた佐竹氏、鎌倉時代以来の島津氏、南北朝以来の伊達氏は凄いと言わざるを得ません。これら三家は勢力の増減はあってもずっと大名ですから。

日豪共同で水素大量生産、輸送計画の実証試験

低品質の褐炭を活用して水素を大量生産・輸送する計画を日本とオーストラリアが共同で実施中


 世界が脱炭素社会を目指しているとはいえ、太陽光などの自然エネルギーは安定した電力供給できず発電効率原子力に比べはるかに低いことは皆さんご存知だと思います。一例をあげると福島第一原発の原子炉一基分の電力を太陽光パネルで発電するには山手線内全部を太陽光パネルで埋めつくさないと駄目だと言われます。もちろんこれは最高効率で発電した場合で雨の日は発電できませんし台風などの自然災害があれば有害物質が周辺に巻き散らかされ死者も出ます。原発も爆発したら放射能を巻き散らすので危険ではあるんですが、どちらが危険かは単純には比べられません。

 実際、熱海の土石流災害は太陽光パネルを設置した悪徳業者が盛土をきちんとしていなかったことが元凶だとも言われますし、鬼怒川洪水の時の決壊も太陽光パネルを設置した業者が自然堤防を削っていたところから水が越水しました。福島第一原発事故での直接の死者はゼロですが、太陽光関連ではすでに百人単位で死者が出ているのも事実です。日本全土に設置されている太陽光パネルは山の斜面を削って設置しているケースが多く、熱海のような災害は日本各地で起こる可能性があります。都市部に住んでいる人は気付かないと思いますが、私のような田舎に住んでいる者は太陽光の危険性をひしひしと感じています。正直田舎では太陽光発電のイメージは悪いです。私の周囲だけかもしれませんが…。

 自動車でもガソリン車は二酸化炭素を排出するので電気自動車に切り替えようという動きがありますよね。ではその電気はどこから持ってくる気ですか?二酸化炭素をできるだけ排出しないようにするなら原子力発電に頼るしかありませんよ。自動車自らが太陽光パネルを積んで他の電力に頼らず動けるようになれば話は別ですが、そうなるには技術革新が必要ですしいつになることやら。

 自動車会社であるトヨタは、内燃機関でありながら二酸化炭素をほとんど出さない水素エンジンの可能性を見出しました。私もガソリンエンジン車に代わるのは水素エンジン車だと思っています。となると水素は石炭から作られますから、産油国に代わって石炭輸出国のオーストラリアなどが未来の覇権国になると私は見ています。日豪が共同で低品質の褐炭を活用し水素の大量生産、輸送する計画を実証試験する動きは未来を見据えての行動だと思います。

 日豪共に官民共同だそうですから、日本は経産省が主導なんですかね?だとしたら経産省にも未来が見える優れた人がいるという事です。環境省には狂ったクリーンエネルギー派しかいないと絶望していた所なので、経産省には現実を見据え頑張って欲しいと思います。2030年ころ商用化ですか?電気自動車の未来は暗いと思うので、水素エンジン車がその時までに主流になっていれば良いですね。

 皆さんはこのニュース、どのような感想を持たれましたか?

新型コロナオミクロン株は終わりが見えてきましたね

f:id:houzankaitachibana:20220122162351j:plain

 日本は最近急拡大し始めたばかりだから今後どんどん感染者は増えていくと思いますが、世界の潮流としては終わりが見えてきましたね。少なくとも日本では致死率0.2%。インフルエンザで0.1%ですからあまり変わりません。さらに今回のオミクロン株は普通の風邪薬でも効くという話もあります。この情報が正しいかどうかは判断できかねますが…。

 ウイルスというのは自分の力では増殖できず生物に感染して増殖します。そして接触や空気感染で広がっていくものです。常識から考えてウイルスは最初は感染しにくく致死率が高い代わりに、変異していくにつれ感染力が拡大し弱毒化します。これは生物兵器でもない限りは当てはまります。オミクロン株の爆発的感染は大流行の末期になってきたと感じます。もちろん今後も変異して新たな株が出てくるかもしれませんが、その場合はさらに感染力が拡大し弱毒化していきます。

 こうなるとただのインフルエンザと変わらなくなっていきます。オミクロン株の感染拡大は当たり前、問題は重症化率と死亡率でしょう。重症化した時医療体制がしっかりしていれば恐れるものではない。行政はいたずらに不安を煽るのではなく、医療体制の拡充とワクチン接種に全力を注ぐべきです。今回の騒動の最大の元凶はマスゴミです。連中は国民の不安を煽るばかりで何の解決策も示しません。ここまで卑劣な態度はないでしょう。毎日何人感染したとしつこく報道していますが、全く無意味です。

 我々国民は正しい知識を持ち、マスゴミ偏向報道に騙されないようにすべきです。さすがにこの期に及んでマスゴミ情報を鵜呑みにし感染拡大を恐れている人は居ないと思いますが、我々にできることはマスク、手洗いの徹底。密になる場所はなるだけ避ける。これらはコロナ下で自然に身に付いたものです。ワクチン接種も進んできているし飲み薬もできましたから何も分かっていない当初よりは心理的負担も少なくなったと感じます。

 行政側も今まで通りの対応では駄目です。早く二類から五類に落とし、PCR検査は症状の出た人以外は有料、ワクチンは経過措置としてしばらくは無料にしておけば済む話です。現状では保健所の負担があまりにも大きすぎる。ネットで誰かが、こんな体たらくでは本当に二類相当の感染症が出てきた時どうするんだ?と言っていましたが全く同感です。

 ともかく正しい知識を持って常識ある対応をすれば恐れるものではないと思います。皆さんは昨今のオミクロン株の流行、どのように感じられますか?

鎌倉殿の13人の有名子孫たち

 NHK大河ドラマで鎌倉殿の13人が始まって鎌倉時代への興味が再び湧いてきました。13人というのは頼朝死後二代将軍頼家が若く政治経験がなかったことから宿老13人が合議制で幕府を運営したもので歴史的には十三人の合議制と呼ぶそうです。

 この合議制は幕府執権北条氏が次々とライバルになりそうな有力御家人を滅ぼしたので早晩崩れます。そして執権北条氏による独裁体制へと移行するのです。では彼ら13人の子孫がどうなったか気になりますよね。有名どころだと大江広元の子孫は戦国大名毛利氏で江戸時代も周防長門37万石の大名として幕末まで続きます。それ以外の御家人はどうなったのでしょうか?

 

◇三浦氏  

 1247年宝治合戦で北条氏に滅ぼされる。傍系から嫡流を継いだ三浦氏は伊勢宗瑞(北条早雲)に滅ぼされる。庶流は会津戦国大名蘆名氏になるがこれも伊達政宗に滅ぼされる。

 

◇和田氏

 初代侍所別当和田義盛は1213年和田合戦で北条氏に滅ぼされる。義盛三男朝比奈義秀のみが生き残る。戦国時代駿河今川氏に仕えた朝比奈氏は義秀の子孫だと言われる。

 

◇比企氏

 1203年比企能員(よしかず)の変で北条氏に滅ぼされる。族滅に近かったので子孫がどうなったか不明。

 

◇八田氏

 八田氏初代知家は宇都宮一族で常陸守護。彼の子孫は小田氏を名乗り戦国最弱武将として名高い小田氏治は彼の子孫。何回落城しても復活しているんだから領民には愛されていた模様。

 

◇安達氏

 1285年霜月騒動で北条氏に滅ぼされる。北条氏というより実質的には北条氏の内管領平頼綱の主導ではあったが。これも族滅に近く有名子孫は不明。

 

◇足立氏

 こっちの足立氏は目立たない存在。足立氏も霜月騒動に巻き込まれ滅びている。子孫は丹波国氷上郡佐治郷の地頭になり明智光秀に仕えたと言われる。

 

◇梶原氏

 私は草燃えるの大ファンなので景時を演じた江原真二郎のイメージが強い。景時は東国武士に珍しい有能で教養のある武士だったがあまりにも官僚気質だったため他の御家人に嫌われ1200年御家人66名の弾劾で失脚、京都に逃れようとするも北条氏の追手に攻められ滅亡。子孫は奥州、下野、武蔵、尾張、讃岐に残った。

 

◇二階堂氏

 藤原為憲流なので工藤氏(伊東氏)と同族。子孫は全国各地に広がるが、奥州須賀川城主の戦国大名二階堂氏が一番有名か?

 

◇中原氏

 中原親能大江広元の実兄。子孫は下級貴族の押小路家の他、三池氏や鹿子木氏ら肥後や筑後の小大名になったものが多い。親能が筑後肥後の守護になったことと関係していると思う。熊本の戦国ファンなら鹿子木寂心をあげるだろうが全国区ではないので誰も知らないだろうな。隈本城(加藤清正の熊本城の前身)の築城者なんだけどね。

 

◇三善氏

 康信は初代幕府問注所執事。大江広元と並ぶ有能な官僚だった。子孫は筑後国行葉郡に所領を持ち問注所氏になった。問注所氏は豊後の大友氏の圧迫を受け被官化する。最後は柳川藩立花家に仕えた。

 

◇大江氏

 大江広元は初代幕府政所別当。1221年承久の乱で京都守護だった広元長男親広失脚。1247年宝治合戦では広元四男毛利季光が三浦氏に味方して討たれる。広元次男長井時広が嫡流として残るが、南北朝時代伊達氏に滅ぼされる。毛利季光の四男経光が安芸国吉田荘に下向し戦国大名毛利氏になった。

 

 残りの二人は北条時政、義時父子なので説明不要でしょう。鎌倉幕府の十三人の宿老の子孫を調べるのは面白いですね。非常に楽しかったです。

トンガ海底火山噴火 続報

 トンガの海底火山噴火による影響を色々調べているんですが、科学者は1991年のフィリピン、ピナツボ火山の噴火と比較しているようです。当時も1700万トンという膨大な二酸化硫黄とそれから生じる硫酸エアロゾル成層圏まで達し3年間も大気中に漂いました。その結果、日射が遮られ地球全体の平均気温でも0.4度下がります。日本には風向きの影響なのか平均気温が2度から3度も下がって冷害が起こりました。そして日本の主食である米は凶作になります。結果、日本は米を海外から一時的に輸入せざるを得なくなり平成の米騒動と言われたほどでした。

 ピナツボ山の噴火は破局的で、死者847名、行方不明者23名、被災者総数120万人にも及びます。火山から40㎞離れているクラーク空軍基地、75㎞離れているスービック海軍基地も大きな被害を受け一時的に米軍が撤退するほどでした。噴火の影響は大きく直接被害、間接被害含めると2100万人が影響を受けたというから深刻です。

 ピナツボ火山の噴火は火山爆発指数で言うと6、今回のトンガ海底火山噴火も6くらいだそうです。ですから楽観的な見方だと最大でも数年程度の冷害で済み、寒冷化の永続はなさそうな気はします。あくまで素人判断ですが…。ただ、すでにシナは別の理由(石炭の欠乏など)で食料不足が深刻化しすでに現在世界各地から食料を買い集めています。ですから、いざ日本が食料不足になった時緊急輸入しようとしても食料価格が高騰し国民生活を直撃しそうです。

 それよりも心配なのはシナ。今ですら食料不足が深刻なんですから火山噴火の影響で世界的凶作になろうものなら生き残るために戦争を起こす可能性があります。シナの北方遊牧民族が食糧危機になるたびにシナに侵攻して食料を奪い財物を奪いシナ人を殺し尽くしたようにシナ共産党政権もそれをやりかねません。彼らの精神性は暴虐な遊牧民族そのものですからね。別に遊牧民族全体をディスるつもりはありませんが。

 日本政府は数年後国民が苦しまないように今のうちに食料確保を進めるべきだし、有事にも備える必要があります。温暖化対策とか的外れの綺麗事をほざいている場合ではありませんよ!

トンガ海底火山噴火は地球寒冷化への引き金か?

トンガで再び大規模噴火【時事通信・AFP】


 先日深夜、突如日本各地に津波襲来の警報、注意報が流れました。いったい何事か?トカラ列島マグニチュード8級の大地震でも起こったのか?と思って調べてみると南太平洋のトンガで大規模な海底火山噴火があったと知り驚きました。どのくらいの規模かと思ったら、なんと関東平野がすっぽり入るくらいの規模。日本だけでなく太平洋沿岸諸国に津波が押し寄せたそうです。

 トンガの首都があるトンガタプ島が噴煙ですっぽり包まれている衛星画像を見て衝撃を受けました。トンガは海抜10m以下の低地が多いそうでどれくらい被害があるか全く分かりません。犠牲が少ないことを祈ります。トンガはわずか人口10万人ていどの小国ですが、親日国として有名で東日本大震災の時も1000万円の義援金を贈ってくれた国です。あの時受けた恩を返すためにも私も義援金を寄付しようと思います。

 不幸中の幸いで日本は津波被害があまりなかったようですが、私が心配するのは地球寒冷化です。1991年フィリピンのピナツボ山が噴火しましたが火山灰が大気中に拡散され夏の平均気温が2度から3度下がりました。それが原因で冷害となり米が凶作になります。日本は米不足になりタイ米など外国産米を緊急輸入しました。私も鮮明に覚えていますが、ファミレスでもジャポニカ米ではなくインディカ米を食べた記憶があります。あれチャーハンなら美味いんですがカレーとか和食には合わないんですよ。あと米と麦を混ぜた飯を出すところも多かったですよね。

 今回のトンガの噴火はピナツボ山とは比べ物にならいない大規模です。科学者の中には大量の硫酸エアロゾルが大気中に放出され日射を遮断、地球寒冷化になるのではと警告する人が出ています。私も科学には疎いんですが1991年の出来事から考えると同感です。地球温暖化どころか地球寒冷化になる危険性が高いです。今、シナは深刻な食料不足で世界中から食料を買いあさっているそうですが、日本も食糧危機になるかもしれません。岸田政権は識者から意見を聞き(脱炭素派は論外でまともな学者に限るが…)早急に食料確保に動き出さないと間に合わないかもしれませんよ。今回の津波の伝播規模から考えると世界中で大凶作になるかもしれませんから。

 日本は食料も含めほとんどの資源を海外からの輸入に頼っています。地政学的に非常に脆弱ですからこういう自然災害には敏感にならないといけません。政治家ももちろんですが我々国民も危機感を持つべきです。現代社会で餓死なんて絶対嫌ですよ。皆さんは今回のトンガ海底火山噴火とその地球規模での影響、どのように考えられますか?

土肥遠平と小早川氏

 平安時代末期から鎌倉時代に渡る非常にマイナーな話ですので興味ない方はスルーしてください。

 私は日向の戦国大名伊東氏が好きで、その関連で先祖の工藤祐経も好きだという話は以前書きました。世間一般では工藤祐経は曽我兄弟の仇討の敵役としてイメージが悪いですが、もともと曽我兄弟の祖父で祐経の叔父でもある伊東祐親が祐経の所領を押領したのが発端ですからどっちもどっちではあります。祐親を殺すつもりが、祐親の嫡男で曽我兄弟の父に当たる河津祐泰がとばっちりで殺されたのは気の毒ではありますが…。

 今回の話は、伊東祐親が工藤祐経の所領を押領した時同時に祐経に嫁がせていた娘の万劫御前を強制的に離縁させ土肥遠平に再婚させた後の話です。土肥氏は桓武平氏良文流で相模国土肥郷を領した武士でした。遠平は源頼朝鎌倉幕府創建に協力した土肥実平の嫡男です。遠平の生没年が分からないためはっきりと断言はできませんが、一応万劫御前は遠平の正室とされていますので遠平の嫡男維平は万劫御前の子供かもしれません。

 実は遠平は実子維平の他に佐久源氏平賀義信の五男景平を養子に迎えています。この辺りの経緯が謎なんですが、平賀義信は源氏の有力者で比企氏や北条氏とも姻戚関係だったため幕府内での勢力維持のために養子に迎えたのかもしれません。正室万劫御前は逆賊伊東氏の娘だし頼朝の寵臣工藤祐経の元妻だし何かと都合が悪かったのだろうと想像します。

 土肥遠平は、土肥郷小早川村に居館を設けたことから小早川氏を名乗りました。源平合戦で戦功をあげ恩賞として安芸国沼田荘の地頭職を得ます。遠平は実子維平に本拠早川荘(土肥郷)を相続させ、安芸国沼田荘は養子景平に相続させました。これが安芸小早川氏の祖です。その後、維平は和田合戦で血縁関係のあった和田義盛に味方し敗北、捕らえられて処刑されます。父遠平は維平とは無関係を貫き処罰は免れますが、鎌倉に居づらくなったのでしょう。養子景平が相続した安芸国沼田荘に下向し隠棲します。そこで生涯を終えたそうです。

 小早川氏は南北朝、戦国時代を生きぬき最後は毛利元就の三男隆景を養子に迎えました。この時点で小早川氏の嫡流は絶えたことになります。隆景は豊臣政権の五大老になるなど活躍しますが、実子がなく豊臣秀吉の甥秀秋を養子に迎えました。もう一人元就の九男で異母弟の秀包も養子にします。秀秋の関ケ原での裏切りとその後の狂死は皆様ご存知の通りです。秀包も関ヶ原で西軍に付いたため改易、宗家の毛利家に戻り輝元から長門に所領を与えられます。

 秀包は小早川秀秋の裏切りでイメージが悪いと思ったのか毛利に姓を戻し吉敷毛利家七千石として毛利宗家を支えました。