鳳山雑記帳はてなブログ

ヤフーブログが終了しましたので、こちらで開設しました。宜しくお願いします。

今回の災害で再生可能エネルギーが綺麗事だと国民も悟ったはず

【静岡】伊豆半島で韓国系企業が太陽光発電所の建設計画 「海洋汚染の原因になる」という反対の声も無視 ★2



 徳島に上陸し近畿地方を縦断した台風21号、畿内各地で停電し関西空港が一時使用不能となるなど大きな爪痕を残しました。マスゴミは絶対に報じませんが、太陽光パネルが強風で飛び少なくない被害を出しています。

 一方、その直後発生した北海道胆振地震では震源地近くで40名の死者を出し、苫東厚真火力発電所が停止、そこが北海道全体の50%の電力を担っていたことから電力供給のバランスが崩れ北海道全体がブラックアウトするという前代未聞の事態を招きます。

 その際、北海道各地にも当然あるはずの太陽光発電が電力を補わなかったばかりか、ここでも足を引っ張りました。泊原発が再稼働していれば電力に余裕が生じそもそもブラックアウトは起こらなかったはずだというのがまともな人間の判断でしょう。

 これらの事実からも分かる通り、太陽光発電などの再生可能エネルギー自然エネルギーというのは安定した電力になり得ないのです。各家族が趣味でやる分には文句ありませんが、太陽光発電の電力買取は電力会社の経営を圧迫するだけでなく、電気代に上乗せされ関係ない我々庶民にも多大な迷惑をかけています。

 しかも太陽光発電施設は、山の斜面を削り川の堤防を削って設置されています。山の保水力、自然堤防の大水を防ぐ力を削ぎこれまでの災害で多くの尊い命を奪いました。マスゴミは絶対に報じませんが、災害を経験された方なら太陽光発電が有害無益だと理解してくださるはず。

 伊豆半島の場合は韓国企業が関与していますが、おそらく日本全体の太陽光発電も韓国利権が絡んでいると言われます。そしてそれを推進したのは民主党菅政権。太陽光発電が日本の為にならないのは明らかでしょう。

 電力の安定供給を考えた場合、どうしても原子力発電を無くすことはできない。今は火力が主力となっていますが、石油や天然ガスを外国から輸入に頼るという脆弱な状態です。自然エネルギーは画期的技術革新が起こり安定供給に目途が立ってから初めて論じるべきだと私は考えます。でないと今回のようなブラックアウトは日本各地で起こり得ると思うんですよ。

 私は個人の家庭以外での太陽光発電には大反対ですが、皆さんはいかが思われますか?