鳳山雑記帳はてなブログ

立花鳳山と申します。ヤフーブログが終了しましたので、こちらで開設しました。宜しくお願いします。

生き物を大切にしないところは利用したくない

【社会】「配慮が足りなかった」JR相模湖駅前ツバメの巣を駅職員が駆除、ヒナ落下死…利用者の前で 鳥獣保護管理法違反の可能性も★3



 これに関しては様々な意見があると思うので、私の意見が絶対とは言いません。ただ私の思う所を述べたいと思います。

 昔からの言い伝えで、ツバメが軒下に巣を作る家は栄えると言われてます。私の知っている親戚の家は昔からの専業農家でちょっとした土地持ち。もともと栄えていたとも言えるんですが、やはり軒下にツバメの巣があります。

 もう一つ。私の行きつけのほっともっとは、軒下にツバメの巣がありそのままにすると糞が汚いので下に段ボール箱を置いて定期的に掃除してます。弁当を買いに行くと可愛い雛が見えるので微笑ましいです。家からだとちょっと遠いんですが、ツバメの雛見たさにそこのほっともっとに行ってます。これも栄えるの一種か?(笑)ツバメの雛の糞が汚いとほざくサイコパスは来なくなるので、合法的に犯罪予備軍を排除できるメリットもあります。

 鳥獣保護管理法かどうかは知りませんが、ツバメの巣を破壊するような店には行きたくないです。今回はJRですから嫌でも利用しないといけないんでしょうが、気分は悪いですね。糞が汚いという理由は分かる。しかし下に段ボールを置くなど対策すれば、朝鮮人でもない限り動物愛護の気持ちは誰しも持ってるはずなのでここまで問題にはならなかったような気がします。

 生き物は大切にするべきだし、不必要な殺生は絶対に避けるべき。邪魔だから殺す、不潔だから殺すという感覚が行き過ぎると、猫を虐殺し最後は人間まで殺す酒鬼薔薇のような人間になると思うのは私だけでしょうか?




追伸:京王線のとある駅の例

イメージ 1


 こういう事すれば良いじゃない?微笑ましいよ。やはりJR相模湖駅は配慮が足りなさすぎたね。