鳳山雑記帳はてなブログ

ヤフーブログが終了しましたので、こちらで開設しました。宜しくお願いします。

アンチャーテッド海賊王と最後の秘宝


イメージ 1

 ついに完結したアンチャーテッドシリーズ。思えば第1作『アンチャーテッドエルドラドの秘宝』を初めてプレイしたのが2011年ですから足掛け5年ですか。懐かしいような甘酸っぱいような、これでネイサン・ドレイクというヒーローと出会えなくなるかと思うと寂しさがこみあげます。

 この記事も、エンディングを迎えた感動の余韻に浸りながら書いています。PS4の能力を最大限引き出した超絶グラフィック、ストレスフリーの計算され尽くしたアクション操作、何が起こるか分からないスリルとサスペンス、感動、良いところを数え上げたらきりがありません。その中で私の一押しは主人公ネイトと師匠にして相棒サリーとの軽妙な会話。ネイト役の声優東地宏樹さんとサリー役千葉繁さんというベテランの演技力は圧巻の一言。アドリブがかなり入っているそうですよ。それに加え今回は生き別れのネイトの兄サミー役で懐かしの井上和彦氏が出ている事です。ちなみに軍事漫談家とは別人ですよ、念のため。「加速装置!」の人ですよ♪ガンダム世代ならカミ―ユに殴られた人と言った方が分かるか?

 それにしてもサリー(ビクター・サリバン)役は千葉さんのはまり役です。彼以外にサリー役はあり得ない。そして何より言える事はゲーム開発会社ノーティドッグの凄さを見せつけられた作品だという事。何もかもが最高、それでいて今回の作品で最後だとひしひし伝わってくるノーティドッグアンチャーテッド愛を強く感じました。過去作を知ってる人ならニヤリとする会話が満載です。

 唯一の不満と言えば、ラスボスのレイフがちょっと情けないところかな?2作目黄金刀と消えた船団のゾラン・ラザレビッチが強烈過ぎてあれ以上のラスボスは出ないとは思いますが…(苦笑)。最後だから余韻に浸らせる意味でレイフのようなあっさりしたキャラが良かったのかもしれません。ラストバトルはちょっとてこずったけど。ナディーンがラスボスじゃなくて良かったよ。ストーリー上何回かある格闘アクションで一度も勝てなかったからね。




 そして、冒険が終わった後のエピローグが最高!ここから先はネタばれになるのでゲームをする予定の人は絶対に読まないでください。幾多の冒険を経てネイトとエレナは家庭を持つんですね。十数年後、すっかり中年になった二人はキャサリンという可愛い娘をもうけます。キャサリンの言葉使いを注意するネイトとエレナが微笑ましい。そして兄サムとサリーは相変わらずトレジャーハンター稼業を続けていてネイト夫婦と交流が残っているというのも嬉しかった。長年主人公たちと付き合ってきたユーザーも思わず頬が緩みます。熱い冒険がついに終わったんだなと実感できました。


 アンチャーテッドファンの方は当然買っていると思いますが、PS4で最近面白いゲームが無いとお嘆きの貴方、絶対後悔しませんから是非買ってください!これだけは言えます。

 「ノーティドッグに外れなし!」