鳳山雑記帳はてなブログ

ヤフーブログが終了しましたので、こちらで開設しました。宜しくお願いします。

あはははは…

【【中国BBS】弱い日本軍と神がかり的な共産党軍、「抗日戦争ドラマについてどう思う?」[05/26]

 
中国大手検索サイト百度掲示板に「抗日戦争ドラマについてどう思う?」というスレッドが立てられた。
中国では毎日、多くのテレビ局で放送されている抗日戦争ドラマだが、スレ主は抗日戦争ドラマについてほかのネットユーザーがどう思っているのか、意見を求めた。

ネットユーザーからは、視聴率を取るための手段であるという意見、ゴミのような番組で愛国反日青年が大好きな番組だという意見、妄想ドラマだという意見など、抗日戦争ドラマは見るに値しないという意見が大勢を占めた。寄せられた意見のなかにはさらに踏み込んだ発言をする人もおり、以下のようなコメントがあった。

・「1945年前のナチスや軍部が作ったプロパガンダ映画と同じ」
・「日本への憎しみを煽るもので、共産党がいかに偉大であるかを宣伝するドラマ」
・「国内の抗日ドラマはみんな作り話だ。抗日は明らかに国民党の功績。本当に恥知らずだ」

また、ドラマの内容についても、日本軍は非常に弱く描かれる一方で、共産党軍は神がかり的な強さで描かれていることについて、ドラマでは八路軍と新四軍だけで200万人くらいの日本軍を倒しているのではないかという人もいた。

しかし、抗日ドラマにはそれなりの意義があるという意見も少数ながらあり、中国政府は民族への憎しみを煽る意図はなく、次世代が歴史を忘れないようにするためだという意見もあった。

だが、このような意見はごく少数で、愛国主義民族主義精神を育てるための手段であるという意見が多かった。また、このような方法は反日という土台のうえに愛国主義が成り立っているので脆いものだと指摘するコメントもあった。

ソース:サーチナ
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2012&d=0525&f=national_0525_048.shtml
 
 
                       - 2NN2ちゃんねるニュース速報より -
 
 
 まあどうでもいいんだけど、↓のような面白い書き込みもありましたよ♪
 
9 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2012/05/26(土) 22:16:09.37 id:zW6DS9bq
日本帝国軍人は未だに中国で戦っている鬼ww

■中華人民軍はスライムより弱い

日中戦争犠牲者数
終戦時    130万人  GHQ発表
終戦時    130万人  国民党発表
1948年    438万人  国民党政府報告書
1950年代   1000万人  共産党政権発表
1970年    1800万人  共産党政権発表
1985年    2100万人  共産党政権発表(抗日勝利40周年)
1998年    3500万人  江沢民発表
2005年    5000万人  卞修躍博士発表(抗日勝利60周年)
中国発表の日中戦争犠牲者数は60年で130万→5000万。よって平均増加率は年間約6.3%増。
この増加率が維持されたとすると、1億人突破は2017年頃、2億人突破は2029年頃、
そして22世紀初頭には128億人を突破するものと推測される。
ちなみに2006年には南京大虐殺で殺されたとされる30万人の10.5倍、
約315万人の犠牲者が追加される見通しである

つまり日本兵は中国兵の50000倍強く、1日平均1人500人の中国人を殺し、それを10年続けた超人である
現在の火力は当時の25倍であるから1日平均1人25000人の中国人を殺すことが可能であると言える
中国共産党発表の統計数値であるから中国人は納得せざるをえない。

中国は日清戦争以降戦えば敵の20倍~40倍の被害を出し続ける弱い軍である
嘘だと思うなら統計を調べろww(例:朝鮮戦争死者 中国100万以上 国連軍5万6千)
 
 
 
 
 凄いではないか我が皇軍は!戦争が終結した後も戦い続けて未来永劫活躍してますね!
 
 また一つ、日本軍最強伝説が加わったwww