鳳山雑記帳はてなブログ

ヤフーブログが終了しましたので、こちらで開設しました。宜しくお願いします。

蒲島熊本知事、川辺川ダム建設に反対!

「地方の価値観重視を」=治水行政に一石-蒲島熊本知事・川辺川ダム 


 熊本県南部の球磨川水系で計画中の国営川辺川ダム(相良村)について、建設に反対する意向を表明した蒲島郁夫同県知事は11日、県議会終了後に記者会見した。知事は「大きな部分は球磨川を守りたいという気持ち」と述べ、地域独自の環境を守る立場から反対に踏み切ったことを改めて強調した。ダムに頼らない、「地方の価値観を重視したやり方」(知事)を求めた今回の判断は、国の治水行政そのものにも一石を投じた形となった。(時事通信)

                    - Yahoo!ニュースより転載 -

 熊本県在住者としてはこのニュースを取り上げないわけにはいけないでしょう。蒲島熊本知事は変り者だとは思ってましたがやりましたね。

 有識者会議とかやって、ダム建設の方向に強引に持っていこうとしてるのかな?と疑っていたんですが、本気で悩んでたみたいですね。

 私はどちらでもいいんですが、国土交通省のダム必要論の説明が嘘っぽくて信じられなかったので、納得のいく説明をしてくださいよ官僚の皆さん。ダムがなかったとして治水対策をどうするのか県も具体案を出して欲しいですね。

 それにしても、今まで42年間2000億以上の巨費が投じられ退去させられた水没予定地の住民の皆さんにとっては何だったのでしょうか?それもこれもいいかげんな試算でダム建設を決めた国が悪い!