鳳山雑記帳はてなブログ

ヤフーブログが終了しましたので、こちらで開設しました。宜しくお願いします。

エンジン技術は軍用でも重要ですからね

トヨタ豊田章男社長、“脱エンジン”の流れに改めて苦言「雇用が失われ、噴射技術など日本が培ってきた強みも失われてしまう」

 何でもかんでも脱エンジン、電動化が良いはずはない。そもそも内燃機関を廃止し電動化してもその電気は発電所で作るわけで、原子力発電なら脱原発はできないし、火力発電に頼るなら二酸化酸素の放出は減りませんよ。こういう事を言うと、太陽光などのクリーンエネルギーに転換しろという人が出てきますが、よほどの技術革新がない限り安定した電力は確保できません。クリーンエネルギー推進派は日本の国民生活、産業を維持するためにどれほどの電力が必要か考えたことがあるのか?机上の空論で日本のエネルギー安全保障を妨害するのは利敵行為であり外患誘致案件ですよ。

 そもそもすべてを電動化すれば、有事の際発電所が敵に真っ先に攻撃され反撃もできなければ国民生活も破綻します。すくなくとも軍用(と公的機関)だけは内燃機関を維持し電力にできるだけ頼らない態勢にしておかなければ日本は滅亡します。日本がすべきは内燃機関で可能な限り環境にやさしい技術を培うことで、何でもかんでも電動化して済むという安易な話ではないと思いますよ。

 輸出に頼っている自動車産業は環境にうるさい欧米に売るために電動化が不可避なんでしょうが、政府は国防のためにも内燃機関関連の技術を維持すべきでしょう。それに太陽光発電太陽光パネルの大半がシナでウイグル人を奴隷労働させて作っていることが発覚し早晩輸入禁止になりますよ。太陽光発電関連企業は存続の危機に陥ると思います。ソフトバンクが潰れるのは大歓迎ですがねwww

 話を戻すと、私は脱エンジン、電動化の流れには反対です。国防の観点が欠如している。日本人は平和ボケと言われますが、こんな体たらくで本当に大丈夫か心配です。皆さんはどのような感想を持たれましたか?