鳳山雑記帳はてなブログ

ヤフーブログが終了しましたので、こちらで開設しました。宜しくお願いします。

ついに韓国KF-21が公開されました

【千の目・ステルス・毒針兵器】韓国製戦闘機「ポラメ」がついに姿を現した インドネシア負担額 1697億円のところ222億円


 韓国自慢の4.5世代戦闘機KF-21ポラメ。予定では2022年までに初飛行、2026年までにシステム開発を完了するそうです。2028年で40機、2032年までに120機配備予定です。見た目はアメリカのF-22ラプターそっくり。サイズ的にはF-16より大きくF/A-18とほぼ同じ大きさです。まあF-35アメリカが今後売ってくれるか分からないし、メンテナンス面でも日本の三菱重工で重整備受けられないでしょうから早晩戦力を失う事確定なので韓国独自の戦闘機の必要性は切実なんでしょうが、KF-21も不安を抱えています。

 まずエンジンがアメリカのジェネラルエレクトリック製F-414。アメリカとの関係が悪化したらF-35同様売ってくれなくなります。誰が好き好んで敵国であるレッドチームの国に売りますかいな。だから韓国は自国の安全保障のためにもアメリカとの関係悪化は絶対に避けなければならないのに、その逆を行っているんですから馬鹿としか言いようがありません。

 一応AESAレーダーは韓国製を謳っていますがイスラエルの技術協力を受け武器システムは完全にイスラエル製。空対空ミサイルのIRIS-Tはドイツ製、同じくミーティアは英仏独伊の共同開発、巡航ミサイルのタウルスはスウェーデン・ドイツ共同開発、誘導爆弾系はアメリカとこれでどうやって統合するのか疑問ではありますが、こちらもアメリカ(欧米諸国)と関係が悪化したら統合も許可されないし売ってくれなくなりますよ。他人事ながらどうする気だろうと疑問に思います。

 ケンチャナヨ(なるようになる)という韓国精神なんでしょうが、韓国最大の敵は現実かもしれません。老婆心ながら忠告すると今のうちにシナ製の武器システムと統合しておいた方が良いと思いますがね。シナが売ってくれるかは疑問ですが…。シナからすると、「そんな屑戦闘機はいいからJ-31を買うアル」なんでしょうがね。

 文在寅は自分の命が危なくなっていますからますます反日に拍車をかけてくるでしょう。反日は反米と同義。クアッドにも参加拒否してますからアメリカは早晩韓国を切ると思います。KF-21の未来は暗いと言わざるを得ません。ただ、いたずらに軽視するのも禁物で韓国のF-16は脅威ですしM-48(まともに動くとすれば…)も侮れません。F-15Kもまともに稼働すれば脅威です。共喰い整備で数を減らすことを祈るのみ♪

 はてさてKF-21はどうなるんでしょうかね?共同出資国のインドネシアはすでに見捨ててフランスからラファール戦闘機を導入しそうですし興味は尽きません。皆さんはどのような感想を持たれましたか?