鳳山雑記帳はてなブログ

ヤフーブログが終了しましたので、こちらで開設しました。宜しくお願いします。

陸上自衛隊普通科1個連隊で1000人が籠る熊本城を落とせるか?

陸自普通科連隊800人は軍勢1千人がいる熊本城を落とせるか?

 ネタ記事にマジレスするのも大人げないとは思いますが、まず設定がおかしい。普通科連隊なのに自動小銃、狙撃銃、手榴弾だけはあり得ない。小銃小隊だけでも3個分隊それぞれにATM手がいますよ。パンツァーファウスト3(自衛隊呼称:110㎜個人携帯対戦車弾)かカールグスタフM3(自衛隊呼称:84㎜無反動砲(B))のどちらかを装備していますが、熊本城を攻撃するなら多目的榴弾を発射できるカールグスタフM3が良いでしょうね。

 普通科中隊隷下の迫撃砲小隊も81㎜中迫を装備しているし、同じく対戦車小隊は中距離多目的誘導弾がありますよね。連隊隷下には120㎜重迫を装備する重迫撃砲中隊もありますよ。ただ1個連隊800名というのは他国では1個大隊規模。少なすぎるとは思いますがね。歩兵を普通科と言い換えているのも気に入りませんが。反日左翼に配慮しているから呼称がおかしなことになる。スパイ防止法反日分子を物理的に排除していればこんな無意味なことしなくて良いと思いますよ。

 一方、戦国時代の装備火縄銃とか弓矢とか刀槍は良いとしても籠城兵力1000人というのも少なすぎますね。熊本城は少なくとも3000人以上の籠城兵力を想定しているし、それ以下なら各防御施設がスカスカとなって簡単に突破されます。

 結論としては勝負にならない。自衛隊の圧勝。おそらく籠城兵力が1万人だったとしても重迫、中迫の射程外攻撃で熊本城は廃墟になるでしょう。その後念のためにカールグスタフで城門を破壊し突入するだけ。火縄銃のゲリラ戦で対抗しようとしても敵が籠っていそうな拠点をカールグスタフで潰していきます。これが明治維新期のスナイドル銃などの元込め銃にアームストロング砲装備ならワンチャンスありそうですがね。ただこの場合熊本城よりは田原坂のような野戦築城の方が良い。田原坂に1万人籠城で攻撃側陸自普通科連隊800人なら攻めあぐむ可能性は出るでしょうね。アームストロング砲を重厚な掩体壕に隠しスナイドル銃部隊に夜襲で反撃させる。ちょうど日本陸軍便覧を読んだばかりなので、木材と土だけでもかなり防御力の高いトーチカは作れますよ。その場合は近代戦を理解した指揮官や参謀が必要ですがね。

 まあネタ記事でリアルさは求めていないんでしょうが、近代の籠城戦を理解していないところが痛い。守備側参謀に沖縄戦の八原博通作戦参謀を起用し明治維新期の薩長軍装備で田原坂に反斜面陣地を構築されたら陸自1個普通科連隊程度だと全滅させされる可能性もありますな。アームストロング砲大活躍ですよ♪これが第2次世界大戦時の日本陸軍装備なら確実に守備側が勝ちます。田原坂は21世紀のシュガーローフヒルと呼ばれることになるでしょう。いくら自衛隊装備が優れていても数が少なすぎるのと旧日本軍の防御陣地構築の巧みさで相殺されるでしょうからね。

 沖縄戦には我が熊本で編成された独立混成第44旅団も参加しているので不謹慎な話題でした。お詫び申し上げます。