鳳山雑記帳はてなブログ

ヤフーブログが終了しましたので、こちらで開設しました。宜しくお願いします。

英国軍ラグビーチームの靖国参拝に関して悪質なフェイクニュースが流れていますね

靖国神社訪問の英国軍ラグビーチーム、大使から厳しく叱責 在英韓国大使館・報道官「靖国は日本の帝国主義と侵略戦争を美化する場所」

 
 英国軍は誇りある組織、自分の判断で行動しています。それに対し駐日英国大使が韓国を刺激するからと厳しく叱責したというニュースがまことしやかに流れましたが、私はタンザニア竹島記念コインと同様胡散臭いなと思っていたら案の定でした。駐日英国大使館からの公式な発表です。
 

f:id:houzankaitachibana:20190921112523j:plain

 韓国は異常な国ですから反発するのは予想できましたが、英国がなぜ韓国の肩を持つ必要があるのでしょう。結果として日本との関係が悪化したらブレグジット後の日英経済協力にも暗雲が立ち込めますよ。逆に韓国に関しては無視しても英国は全く困りません。こういう基本的常識があれば在日英国大使が英国軍ラグビーチームが靖国参拝したところで叱責したり注意するはずがないと分かります。そもそも各国の軍人、外交官たちは靖国神社が日本のために戦った軍人たちが眠るところとして敬意を払い靖国神社に参拝をしていますよ。
 
 ネット環境があり、韓国の異常性を知っている我々はこのようなニュースを聞いてもまず疑うのが常識ですが、タンザニア竹島記念コインの件と言い今回の件と言いマスゴミは簡単に信じてしまうんですね。愚か者は自分の信じたいものだけ信じると言いますが、本当にこれ。だからマスゴミだと一般人から忌み嫌われるんです。マスゴミ関係者にも在が多数入り込んでいるんでしょうな。
 
 英国軍ラグビーチームの皆さん、靖国神社参拝していただいてありがとうございます。皆さんの健闘を祈ります。英国は紳士の国、どこかの審判すら平気で買収するようなならず者国家とは違いますから、フェアプレーしてくれることでしょう。